スポンサーサイト

  • 2016.11.24 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


成瀬の映画「銀座化粧」と都立大のジャズ喫茶「ジャミン Jammin」へ行く

 
マリ・ドゴン族の村へ
ジャズ喫茶行脚
スペイン旅行
亀の夢の庭へ


そもそも都立大にある目黒区図書館の、八雲図書館に来るのも、蓮見の映画雑誌「リュミエール」をすぐ借りるに最も便利なところにある図書館だったので、ここに決め、どうせ都立大駅に来るのなら、日ごろ気にかかっていたジャズ喫茶「ジャミン Jammin」へ行こうというものでした。




都立大駅から近い。
大きな通りに面したビルの2階。



16時から開店で、どうもライブに力を入れているようです。

ジャミンの最大のセールスポイントは(少なくとも私にとっては)スピーカーである。かの有名な、多分、家庭用市販品では最も高価なスピーカーではないだろうか、「JBLのパラゴン」である。名前からして、恐竜系だ。
でも、ずいぶん昔のスピーカーである。私の学生時代、1965年頃(40年以上前になる)、京都で通いつめたジャズ喫茶「ビッグ・ビート」で聞いていたのが、このパラゴンである。この頃、後のトランペッター近藤等則もよく顔を出していた、また、後で知ったのですが、ジャズ喫茶Yamatoyaのマスターもその頃通った口で、ジャズ喫茶を開くにパラゴンに対抗できるスピーカー探しに懸命だったようです。
価格は、当時で、確か2百万円、或いはそれを超えるような数字であったような気もする(大卒の初任給が2-3万円の頃のはずです)。
その後何時ごろまで販売していたのか知らないが、相当古いものに違いない。(調べてみたら1958年に発売され1988年までカタログに掲載され、世界で約1000台が販売された)
パラゴンはこのリンクで。美しいスタイルを見て下さい。全くの工芸品です。




ちょっと上向きにセットされているようで、またその前にドラムセットなどがあり、美しい姿が美しく見えない。

ちゃんと鳴っていた。しかし、あの美しい姿は、適切に扱われていない気がした。一番奥の壁際は良いのだが、その前にはドラムスやキーボードなどがおかれ、そのスタイルの美しさが味わえなくなっていて、パラゴン自身もちょっと上向き気味で、正しく置かれていない気がする。
ライブがメインらしいので、ちょっとパラゴンが邪険にされている感じがする・・・。
学生時代、、「ビッグビート」で、髭の無表情の厳格なマスターの監視下で、ウェイトレスも「ブレードランナー」の女性のように魅力的だったが、やはりこのパラゴンをうっとりと見ほれながら、コルトレーン、ドルフィー、などなどなどを(この頃はマイルスはあまり好きではなかった)聞き入っていたあの時代のパラゴンを期待していたのだが、仕方ないのだろう、40年後のパラゴンは私と同様に少々疲れて、くすぶっている・・・・・・。

ビールを飲み、1時間ほど滞在して、(自分勝手ですが)ちょっと元気なく、辞しました。

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
  • さくらんぼ 柴崎 京王線
    えこ (06/03)
  • ぺーぱーむーん、池袋、やっと行けた。
    magma (12/01)
  • ぺーぱーむーん、池袋、やっと行けた。
    totox (11/26)
  • ぺーぱーむーん、池袋、やっと行けた。
    magma (11/26)
  • ぺーぱーむーん、池袋、やっと行けた。
    totox (11/24)
  • ぺーぱーむーん、池袋、やっと行けた。
    magma (11/23)
  • ぺーぱーむーん、池袋、やっと行けた。
    トモコ (09/22)
  • これからジャズをどのような方法で聴くのが好都合か?
    morimoto (09/30)
  • これからジャズをどのような方法で聴くのが好都合か?
    dozenaday (09/18)
  • ついに、明大前マイルス再開
    軽茶 (06/23)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM