スポンサーサイト

  • 2016.11.24 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


秋田 「ロンド」へ、そして北上泊まり

 マリ・ドゴン族の村へ 日記毎日ジャズ、ゲーム、アートへ スペイン旅行 亀の夢の庭へ

やっと、秋田ロンドにやって来た。
何となく東北で有名なお店だ。以前、秋田のミカに行ったとき、悩みながらスキップして山形方面に向ってしまった。
17時に秋田駅に着くなり、一目散に「ロンド」に向った、開店は17:30のはずである。
確かになかなかの雰囲気。


この一画は独立的に閉じています。

中に入る、まだ誰もお客はいない。
随分落ち着いたインテリアである。食事を取りながら、の雰囲気があるが、そうなのだろうか。
カウンターに座る。
カウンターには女性がいる。ボンとスピーカーのボリューを上げてくれた。
地元のアクラと言うビール、をオーダーする。
スピーカーからは、ギターソロが流れてくる。
音は、何と言うか、清冽と言う表現が良いかもしれない。
ピシッと切れる、と言うか、ギターソロでこれだけ聞かせられるのは、パット・メセニーだった、What's it all about。
ギターも良いが音も良い。
ママさん?が説明してくれる、富樫を巡る人たちでのアルバム、峰、日野、ナベサダ、洋輔などのアルバムが次にかかる。
更にウオッカを飲み、約2時間いて列車の時間があり、出た。
雰囲気素晴らしく、音が鮮烈、清冽、ピュア、落ち着いた空気、極小の林の中にある建物の如くのいい感じの建物、皆が言うように素晴らしい。


ちょっと別荘風ですね。

秋田に止まろうか、北上まで行ってしまおうか悩んだが、北上まで行く事にした。
大人の休日4日間キップを買ったが、後半の2日はカミさんと青森、十和田の美術館めぐり、前半の2日間が一人でのここのジャズ関係、つまり
6月28日-29日:一人で、米沢、秋田、気仙沼、一関ジャズ関係へ、夜中野島へ帰着
6月30日、7月1日:カミさんと二人で早朝中野島発、青森、十和田美術館巡り
の過密スケジュール。
この旅行、翌日は、早めに気仙沼に入り、中野島の家まで帰着して、その翌日には早朝からカミさんと新青森まで行かなければならない(これは別のブログご参照)。
そのために、秋田に泊まらないで、無理やり北上で泊まり、気仙沼への早朝出発、そして早めの家への帰着をもくろんだ。

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
  • ぺーぱーむーん、池袋、やっと行けた。
    magma (12/01)
  • ぺーぱーむーん、池袋、やっと行けた。
    totox (11/26)
  • ぺーぱーむーん、池袋、やっと行けた。
    magma (11/26)
  • ぺーぱーむーん、池袋、やっと行けた。
    totox (11/24)
  • ぺーぱーむーん、池袋、やっと行けた。
    magma (11/23)
  • ぺーぱーむーん、池袋、やっと行けた。
    トモコ (09/22)
  • これからジャズをどのような方法で聴くのが好都合か?
    morimoto (09/30)
  • これからジャズをどのような方法で聴くのが好都合か?
    dozenaday (09/18)
  • ついに、明大前マイルス再開
    軽茶 (06/23)
  • ジャズ喫茶 高田馬場 「マイルストーン」の憂鬱
    近藤 (02/17)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM