スポンサーサイト

  • 2016.11.24 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


御茶ノ水、神保町ジャズマップができている

芸術家になる?、 Twitter海外広告アドベンチャーレトロゲームを振り返る日記毎日ジャズ、ゲーム、アートへ マリ・ドゴン族の村へ  スペイン旅行 亀の夢の庭

ちょっと隠していた発信ブログなども追加しましたので、上に並べたものの中で新しいものもちょっと覗いてみていただくと嬉しいです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
8月9日、久しぶりにアキバに行く、10日ぶりくらい、ここに来ると意味もなく嬉しい、この街の変遷をもう40年見続けている年寄りには、いつ来てもどきどきする街である。
小物を買い漁って、ウロウロしているとNHKがスーパーハイビジョンなる催しをやっていて入る、ものすごく大きな画面、臨場感あふれる音響、これはすごい、家に欲しいが、無理だ。
そうして、神田のGrauersに行く、3時チョイ過ぎ頃か、やはり誰も居ない、しかもモニターにオリンピックが映っている、油断したのかも、アルバイトかも知れない。
ビールを頼む、まだ、オリンピックのモニターは消えない、ジャズは鳴り始めた。
モニターを消して欲しいと要請、ようやく消える、油断ですね。
いい音である。
文句なしの音である(前回感じた低音のボンつきは消えている)。
何がかかろうとジャズであれば問題ない。
帰るまで誰も来ない、厳しい。
帰りがけ、ふとカウンターにパンフレット風なものがあり、ピックアップする。
御茶ノ水、神保町JazzSpotGuideである。
この地区のジャズ関係者が集まったのだ。


なるほど、これだけの店があれば、パンフレットになりますね。



この中で、行ったことがないのは、
JazzSpotStep=名前は知っていた
Ralph&Sunnie=行こうとして閉まっていた
東京倶楽部、TokyoTUCも名前は知っているが・・
そして、
SmallHours。

各店が一言書いているが、うーん、最初から受け入れられない言葉を吐いているお店もありますね(RSとか)。
もちろん行かなければ良いのですが。
懐かしのNARUの名前がある、もう何十年も行っていない、40年前上京したとき、御茶ノ水のNARU(確か2軒あったような)と代々木のNARUがあって、基本的には代々木NARUに通っていた、京都でのBigBeatのように毎日に近く通っていたはずだ、今も健在だがジャズレストランになっている。
唯一ジャズディスクのDiskUnionがメンバーになっているがここのYさん(ここですよね?)には明大前の件でいつもお世話になっています。
行っていない中で、SmallHoursには行ってみたい、他は行きたいとはあまり思わないですね。


都内の新し目のジャズ喫茶に行く (2) 御茶ノ水 Grauers

日記毎日ジャズ、ゲーム、アートへ マリ・ドゴン族の村へ  スペイン旅行 亀の夢の庭へ

開店時間に関する、得ていた情報は以下のとおりでした。

ラルフ&サニー 1000−2000
Grauers     1300−2300
Blue Eyes   1300−2300
(ついでに出来れば前回休日だった池袋のOWLも)

まず、ラルフ&サニーへ、ここは向ケ丘遊園駅近くで得た専修大学の新聞に記事が出ていた。
スイングジャズ系のようです。
9時半頃家を出て、10時半前に着いたのだけれど、見当たらない。iPadのマップには虚しくまち針がついているが、無い・・・。
更に、教会の並びとも書いてあるので(美しい教会です、知らなかった)、ぐるっと教会を一周しても、見当たらない。冷たい雨の中、電話をかける、しかし、何か携帯に繋ぎ直され、近くにいないと・・・。
なんて事だ。
しかしもう一度最初のところ(ここしかないはず・・)を見ると、シャッターで閉ざされた場所の柱に小さな張り紙、ライブの通告がある。
場所はここで良いのだけれど、看板も何もないただシャッターだけの場所がそうだった。
頭に来ながら、離れる。


無言でながめた。

それから、文京の図書館に行き秋葉をうろつく、冷たい雨だというのに、かなりの人通りがある。
千石とか、秋月とか、を見て少々のタミヤのパーツを買う。
13時過ぎて、念のためGrauersに電話を入れる、「やっていますか?」。
電話の後ろからがっちりしたジャズの音が聞こえる、「やってますよ。」「行きます。」

良いジャズ喫茶だった。朝のラルフ&サニーのがっかりさを完全に補ってもらった。


2階です。




基本的に細長いお店です。
手前にカウンター、奥にスピーカーとテーブル席、というオーソドックスなレイアウト。

立派なジャズ喫茶で助かった。
カウンターに一人お客がいて、他には誰もいない、まあ、夜がメインなのだろう。
が、昼間も開店しているのは、マスター自身がジャズを聞きたいからか?あるいは、ビッグ・ボーイのようにそれなりに昼間の客もいるのかも(今日はなにしろ寒い雨の日だから)。
正面のJBLスタジオ・モニターからガンガンと音が出ている。十分な音量です。
気持ち良い(個人的にはちょっと低音がボンつく感じですが、どうでしょうか?)。
グラスのビールを飲み(750円)、良い気分で約1時間強居て、後にしました。
白髪交じりの、多分50歳後半の、何か若々しい感じのマスターでした。
この界隈では、ビッグボーイ、Gugan、アディロンダック、Olympus!などの中で、最もジャズをたっぷり聴いたな、という感じを受けるような気がしました。
(ちょっと時間不足になり、銀座Blue Eyes はまた今度に。)

Grauers
小川町3−20−13日比ビル2F 03−5577−4826
13−18 コーヒータイム
18−23 バータイム
土日 13−18 (無休ということでしょうね)

http://www.grauers.jp/index.html

Grauersの店名がわからなくてネットで調べたが、人の名前らしいまではわかったがそれ以上ダメで、いろいろなブログを見ていると、説明があった。
http://d.hatena.ne.jp/eaglegoto/20110820
いーぐるのマスターのぶろぐでした。

(訪問日:2012年3月9日金曜)


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
  • さくらんぼ 柴崎 京王線
    えこ (06/03)
  • ぺーぱーむーん、池袋、やっと行けた。
    magma (12/01)
  • ぺーぱーむーん、池袋、やっと行けた。
    totox (11/26)
  • ぺーぱーむーん、池袋、やっと行けた。
    magma (11/26)
  • ぺーぱーむーん、池袋、やっと行けた。
    totox (11/24)
  • ぺーぱーむーん、池袋、やっと行けた。
    magma (11/23)
  • ぺーぱーむーん、池袋、やっと行けた。
    トモコ (09/22)
  • これからジャズをどのような方法で聴くのが好都合か?
    morimoto (09/30)
  • これからジャズをどのような方法で聴くのが好都合か?
    dozenaday (09/18)
  • ついに、明大前マイルス再開
    軽茶 (06/23)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM